治療内容ページ|姪浜駅の心療内科 - ひとやすみこころのクリニック

MENU
予約アイコンWEB予約はこちら

治療内容

TREATMENT

治療内容

医師の診察・精神療法

医師の診察・精神療法

治療の中心部分となります。まず悩みや症状を聴かせていただき、問診票や心理検査も加味して起こっていることがこころの病気によるものなのか、それ以外なのかを診断します。気分が落ち込むから「うつ」だと思われる方もいらっしゃいますが、身体の病気(例えば甲状腺機能低下症というホルモンの病気)で気分が落ち込むこともあるのです。ここを見逃してしまうと、どんな治療をしても治りませんのでとても大事な部分になります。

次にその診断内容と治療法についてご説明し、ご納得いただいた上でどのように治療していくかご一緒に検討します。治療には主に医師の精神療法、環境調整、薬物療法(漢方治療を含めます)、心理士のカウンセリングがあります。特殊な治療として電気けいれん療法(mECT)、反復経頭蓋磁気刺激療法(rTMS)などもありますが、当院では対応しておりませんので、必要な方には専門医療機関をご紹介しております。

診察の中で精神療法、環境調整、薬物療法を行っていきます。精神療法では抱えている悩みや症状を、一つずつ糸をほぐすように対話の中で整理していきます。こころの症状により脳にダメージを受けている方の多くは脳が思考停止に陥っており、この整理だけでも楽になることがあります。その上で認知行動療法、ポジティブサイコロジーといった考え方を取り入れた精神療法を展開していきます。

環境調整は脳のダメージを回復させるための休養と脳のダメージを軽減させるための調整の2つになります。脳が大きなダメージを受けているときは休養が何より必要なため、休職や休学、重度や緊急性が高い場合は入院を勧めることがあります。また脳が元気になってきたときに再びダメージを受けないように、ストレスとなっていた部分に対して調整を行います。例えば職場で仕事量を調整してもらう、家事や育児のサポートを行政に依頼する、家族や職場・友人との人間関係を良くするといったことが挙げられます。

薬物療法は脳のダメージを軽減するために必要な方に対して、ご納得をいただいたときに最小限の薬を出させてもらいます。

カウンセリング

カウンセリング

医師が治療上必要と判断した方には心理士がカウンセリングを行います。カウンセリングではお困りの症状や生活上の支障について詳しくお話しをうかがい、心理学的な知識や技法を使ってこれらの改善にご一緒に取り組みます(1回25分、無料、回数制限あり)。ご希望の方は診察時にご相談ください。

また「治療は一旦、終了したけれど、もっとじっくり取り組みたい」といったご希望がある方には、自費のカウンセリングをお勧めしています(1回50分、有料、各種保険、公費対象外)。よりゆっくりとした時間の中でお話しをうかがいながら、ご自身の望む健康的な生活を送れるよう支援します。ご希望の方は受付にお声かけください。ただし、通院中(他院も含む)の方には主治医の許可を得ていただきます。医師の治療方針と合わない支援になってしまうと患者様の治療の妨げになる場合があるためです。ご理解ください。

自律神経バランス測定

自律神経バランス測定

検査もせず「自律神経失調症」と言われたことはありませんか?自律神経が本当に乱れているのか実は検査で調べることができます。こころの医療は目に見えにくい部分が多いので当院ではなるべくデータを用いながらご納得いただきやすいように説明することを心がけております。

漢方治療

漢方治療

漢方は薬(西洋薬)と比べて身体のバランスを整えることを得意としております。こころは身体と密接に関わっており、身体のバランスを整えることでこころが元気になることも多く、漢方とこころの医療はとても相性が良いです。特に自律神経のバランスを整えることに有効ですので自律神経バランス測定の結果が悪い方には漢方治療をお勧めしております。